INTERVIEW

社員インタビュー

市川 智貴

品質管理室

1日の流れ

Q1.同業他社と比べてどこが強みだと思いますか?

やはり砂糖の種類が豊富だということですね。特に含蜜糖の種類は業界トップを誇っています。
私は大学で応用生物化学を学んでいたので元々食品業界志望でしたが、大東製糖は砂糖業界の中でも砂糖の種類が豊富で印象的でした。
それから、社長も砂糖に対して熱い想いを抱いていて、面接や説明会でも社長自ら様々なお話をしてくれるのが特徴かと思います。
普通の砂糖以外の製品を幅広く開発しているのも強みでしょうか。

Q2.品質管理室にはどんな人が向いていると思いますか?

何よりも、ミスや異物を放置せず、注意深くしっかり作業する性格の人が良いと思います。
普段の生活ではちょっと神経質くらいでちょうどよいです。
異常を見逃して出荷してしまったら大きな問題になってしまうので、ミスの無い様にこだわって業務に取り組める人が向いています。
また、当社は少数精鋭で業務を行っているため、新卒の方でも部門長や役員と話す機会が多いです。
そのため、相手の年齢問わずコミュニケーションを取れる性格のほうが働きやすいと思います。

Q3.入社してから身についたことはありますか?

社会人としての基本のマナーはかなり身につきました。
研修に行って、社会性や目上の方に対する態度を学んだので、その面ではかなり成長したと思います。
実は今年3年目で、入社時の配属は工場内だったのですが、ジョブローテーションで今年の4月から品質管理室に異動になりました。
工場の現場に居たことで、実際に製品が作られる工程を知っているので、分析をする際もスムーズに行うことが出来ます。
工場で製品を作るのも楽しかったのですが、品質管理室で製品の品質を管理することに、やりがいを感じています。

INTERVIEW