からだにやさしい
お砂糖は
吸収が穏やかな
低GI食品です

“からだにやさしい”
3つの理由

お料理にも、
飲み物にも

あらゆるお料理や飲み物に。
低GI食品の「からだにやさしいお砂糖」は、
健康を気にしている方にもおススメです。

お手軽レシピ公開中!詳細はこちら
低GI食品は
なぜ必要?

GI値って?

GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、GI値が高い食品ほど血糖値は急激に上昇しますが、GI値の低い食品では緩やかに上昇します。血糖値の急激な上昇を抑えるには、GI値の低い食品を意識して摂ることが大切です。

血糖値とは?

食べ物を消化吸収し、その栄養分の一部はブドウ糖に分解され、血液を通じて体全体へと運ばれていきます。この血液中に含まれるブドウ糖の濃度を、血糖値と呼びます。ブドウ糖などの糖分はヒトが生きていく上で重要なエネルギー源ですが、急激に濃度が増減すると体に好ましくない影響を与えます。

血糖値が上昇すると?

血糖値が上昇すると、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンはブドウ糖が細胞内へ取り込まれるよう働きかけます。このインスリンの働きにより、血液中のブドウ糖が減少することで血糖値が下がります。しかし、血糖値が急激に上昇すると、大量のインスリンが必要となり、インスリンを分泌するすい臓に大きな負担がかかります。また、インスリンは脂肪の蓄積を促す作用もあり、肥満や糖尿病などの様々な疾病を引き起こす危険があります。そのため、血糖値の変化は上がりすぎず、下がりすぎず、常に一定の範囲内であることが大切です。

食品のGI値

GI研究で最先端のオーストラリアのシドニー大学では、GI値70以上の食品を高GI食品、56~69の間の食品を中GI食品、55以下の食品を低GI食品と定義しています(グルコースを100としている場合)。
また、近年の研究で、同じ種類の食品でも様々なGI値の食品があることがわかってきました。例えば同じパンでも、全粒粉パンは低GI、小麦粉のパンは高GIの食品となります。

一般的に、GI値が高い食品は白米ご飯やパンなどの炭水化物を多く含む食品と言われています。しかし、炭水化物を摂らないと栄養バランスが悪くなり、体調を崩してしまう危険が。さらに、食事の満足感も得にくくなり、よりたんぱく質や脂質を過剰に摂ってしまうこともあります。毎日バランスの取れた食事を摂ることが重要です。
低GI食品を選択して、より健康的な食生活を送りましょう。

〔主な食品のGI〕

「からだにやさしいお砂糖」とは?

医師と大学との共同研究で開発されました

さとうきび原料を100%使用した低GI砂糖は、開発することは難しく、長年商品化されてきませんでした。
しかし、大東製糖は今まで培ってきたさとうきびの知見と、医師と大学との共同研究を重ねることで、ついに2021年9月、「からだにやさしいお砂糖」を発売しました。

GI値はブドウ糖を摂取したときの血中のブドウ糖濃度の吸収度合いを100として、食品ごとに相対的に表されます。外部試験機関で行われたヒト臨床試験にて、基準食品(ブドウ糖)または「からだにやさしいお砂糖」を摂取した後の血糖値を測定した結果が下のグラフになります。ブドウ糖を摂取した時は、血糖値は急上昇した後、ゆっくり低下しています。それに対して「からだにやさしいお砂糖」を摂取した時は、血糖値の上昇が緩やかな上、速やかに低下し、摂取前の状態に戻りました。
これらの結果から、「からだにやさしいお砂糖」は砂糖でありながら低GI食品であることが確認されました。

掲載論文名:The New Sugar to Suppress Postprandial Hyperglycemia Improvement of Refined White Sugar by Mixing Specially Grown Brown Cane Extract, Acta Scientific Nutritional, 5, 6, June 2021
雑誌名:Acta Scientific Nutritional Health
※特許出願中(特願2021-077097)。

低GIの決め手は、種子島産自社栽培さとうきび濃縮液

畑作りや品種選定からこだわり、特別な方法で自社栽培したさとうきびを使用しています。この砂糖のために開発した特殊製法で作られたさとうきび濃縮液を加えることで、「からだにやさしいお砂糖」が完成しました。

さとうきび原料を100%使用

砂糖市場では様々は人工甘味料があり、「からだにやさしいお砂糖」も人工甘味料なのでは?と心配される方もいらっしゃるかと思います。ですが「からだにやさしいお砂糖」は人工的に作られた甘味料は一切使用せず、さとうきび原料を100%使用した「砂糖」です。自然の甘さを感じることができ、安心してご利用いただけます。

よくあるご質問

低GI食品とロカボ食品は、何が違いますか?
ロカボ食品は糖質の摂取量を制限した食品のことを言います。対して、低GI食品は糖質の摂取量は変えずに、糖質の吸収が穏やかな食品とされています。近年、健康志向によってロカボ食品が増えていく中で、低GI食品にも注目が集まり、続々と商品化されています。
どこで購入することができますか?
お近くのスーパーの砂糖コーナーで購入できます。また、10個以上や業務用をご希望の方は弊社オンラインストアでも販売しております。
ご購入はこちら
料理に「からだにやさしいお砂糖」を使うと
低GIになりますか?
「からだにやさしいお砂糖」は低GI食品です。しかし、このお砂糖を使用した食品でのGI値を低下させる効果を保証するものではありません。
食事制限をしていても使用できますか?
「からだにやさしいお砂糖」は普通のお砂糖と同じく使用できる、低GIのお砂糖です。食事制限をするように指導されている方は、ご使用前にあらかじめ医師や管理栄養士などにご相談されることをお勧めいたします。
賞味期限はありますか?
砂糖は長期保存が可能な商品であるため、賞味期限等の表示はしておりません。