INTERVIEW

社員インタビュー

齋藤 哲夫

生産部
生産課 工務班 係長

1日の流れ

Q1.工務班はどんな業務をしているチームですか?

基本の仕事は工場設備の保全や修繕です。2名体制なのでやることはいつも多いですね。
工場でトラブルがなく、安定して稼働している時はデスクワーク中心で平和ですが、いざ故障などが発生すると夜間や休日に出勤することもあります。
ただ、私は元々機械が好きなので楽しいです。

Q2.入社して身についたことはありますか?

私は工業系の出身で工場にあるような機械は昔から好きなのですが、大東製糖では新製品用の新しい機械を自分で選んで導入することができるので、そういった知識はどんどん深まります。
また設備の修繕予算を組んだり、年間予算計画をたてるなど数字に関する部分も入社してからできるようになりました。
自分がしたいと思うことや導入したい設備があれば積極的に会社に提案します。稟議を通れば実現できるので、やりがいがありますね。

Q3.仕事をする上で気をつけていることはなんですか?

時間の使い方ですね。10個業務があるうちの、どれを優先的に行うか、毎朝早く来てその日のタスクの計画を立てます。 工務班の仕事はゴールを決めておかないといつまでも終わらないので。
その分休日はしっかり遊びます。会社の保養所が山梨にあるので、そこには毎年家族で行きます。
意外と他の社員さんは使っていない方が多いのですが、もっと積極的に利用したほうが良いと思いますよ(笑)

INTERVIEW

大東製糖株式会社

  • 本社

    〒261-0002
    千葉県千葉市美浜区新港44番
    (043) 302-3108
  • 東京事務所

    〒103-0012
    東京都中央区日本橋堀留町1丁目9番2号 ICSTビル5階
  • 鹿児島事務所

    〒891-0122
    鹿児島県鹿児島市南栄3丁目15−7
  • 大東製糖公式Facebookページ
  • 大東製糖公式Twitter
  • 大東製糖公式Instagram

【 ベーカリー事業 】

直営ベーカリー:カーラアウレリア
砂糖は甘みとしてもさることながら、しっとり感を持続させたり、もっちり感を出したりとパンを作る上で重要な素材です。
「砂糖でパンが一層おいしくなる」をテーマに、含蜜糖で作ったパンの美味しさを皆様にお伝えするべく、こだわったパンを作り続けていきます。

【 種子島事業 】

種子島プロジェクト
農作物に適した暖かい気候と豊かな土壌に恵まれる種子島で、さとうきびの栽培と安納いもの加工を行っています。
口にしたときに種子島の自然がふっと頭に浮かぶような製品をお届けします。

JAPANESE  /  ENGLISH